So-net無料ブログ作成

美濃のまむし、尾張の大うつけ、そして芭蕉 [旅]

20090425051452.jpg山の上に小さく見えるのが岐阜城。山は金華山、川は長良川です。岐阜城は、斉藤道三(まむし)、織田信長(大うつけ)と戦国時代の強烈な美濃のリーダーの居城でした。その頃に岐阜という地名はなかったのですが、織田信長が天下統一を始めるという意図から中国の故事をアレンジして岐阜城と名付けたそうです。

今週は義母の墓参りの運転手として岐阜まできました。温泉につかり、おいしいお料理を食べて、そして朝は走ってきました(まだ朝五時)。

長良川は鵜飼で有名ですね。こちらの歴史は1300年!5月11日から10月15日がシーズンだそうで、今は鵜船がシートにくるまれて陸に大切に置かれていました。そこで一句、「おもしろうて やがてかなしき 鵜舟かな」 失礼しました。これは松尾芭蕉が詠んだものです[わーい(嬉しい顔)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

京都には維新の志士がいた! [旅]

20090609063801.jpg京都でなつかしい友と飲みました。大Mさんはむさし府中JCで同じ釜の飯を食った仲。公務員をやめて京都の大学で准教授していると聞き久しぶりに会ってみました。鮮やかな転進に勝手な憶測が流れる中、実は彼はCSR(企業の社会的責任)の活動家として大活躍していました。学生を教えるだけでなくNPO法人の世話役を務めたり、各地でソーシャルイノベーションの講演会に呼ばれたりとまさに日本の第一人者となっていたのです。次は英語の論文をひっさげて国際舞台にに挑戦すると野心を語ってくれました。臆することなく正論を吐く挑戦的な姿勢が敵を作ることもあったそうですが、彼はまったくひるみません。何のためにしているの?とMr.ポートフォリオの素朴な質問にズバリ!

「社会を変えるためです!」

こりゃあ本物だ。こうして懐かしい人がダイナミックに変容していくのを見聞しインタビューできるのも旅の楽しさのひとつです。

なんだか自分も勇気と刺激をもらって、その翌朝はまた走る・・・自分の脚力で行ける所はほとんど回ったので、今朝は地下鉄で今出川駅まで行って京都御所からホテルまで帰ってきました。「うん、軽く走れるじゃん」[わーい(嬉しい顔)]間もなく国際会議場から京都駅まで走れるかもしれないな[グッド(上向き矢印)]ハイテンションで迎えた京都の朝でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

難病病棟で癒されの三味線ボランティア [旅]

P6160735.jpg三男を伴っての岡山出張の究極の目的は、難病病棟の人たちのお見舞いでした。実は、彼が3年前に不登校となり無力感にさいまなれたいた時に、私の岡山の親友の奥様がこの病院に連れ行ってくれていたのです。その際に親身な励ましや温かい助言をしてくれたのは、長い間、難病と戦っていた人たちでした。

うちの三男はその後高校を中退し、今は和菓子工場で働きながら趣味の三味線に熱中しています。あの時のお礼にと思ったのでしょうか?今回は皆さんに三味線の演奏を聞いてほしくて、2年ぶりに病院を訪れました。

ベッドに寝たきりで表情も変わりませんが、この人たちはわずかな力でパソコンに文字を入力し、画面を通して息子と会話します。[たくましくなったね。何年練習していたの?人を喜ばせることをボランテイアでやりなさいよ]と熱いメッセージを浴びせてくれます。このプロジェクトを発案してくれた岡山のエッチャンは病院内の患者さんに「お元気ですかあ~」と明るく声をかける天然人です。寝たきりなんだから元気なはずないでしょうと思うかもしれませんが、この人たちは私たちよりも確実に強い魂を持っています。理屈抜きで「生きる」意味を教えてくれた旅でした。みなさん、ありがとう!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ランニング・ブーム? [旅]

20090714063534.jpg札幌で懐かしい友と会いました。すすきので商売をしていた頃からの仲間で、20年来のつき合いのある二人です。いや~この10年間はだれも大変だったねえとお互いの波乱万丈を語り合う晩となりました。ちょっと飲み過ぎです[ふらふら]

しかし、意外なことに最後に行き着いたのが健康の話。

「北さん、やせたねえ~、オレも10kgやせたよ」と自慢するのは、老舗の酒屋社長のTさん。一方で、80kgを越えて貫禄がついてきた料理店経営のHさんは「このまま太ったらヤバイ」と危機感を募らせていました。実は、自分も含めて3人ともランニングを日課としていたんです。

「じゃあ、今度は3人でマラソンに出よう!」

昔は飲んで、遊んで、ゴルフするばかりだった同年輩の3人が、今や走って健康に手に入れることにほぼ同時期に目覚めていたのでありました。こうしてオジサンたちも少しずつ進化していくのです[手(チョキ)]


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏の京都にも「安穏あれ!」 [旅]

20090716053742.jpg夏の京都もいいですねえ。今日までは宵山で、明日には山鉾巡行が行われるというホットシーズンに札幌から飛び入りしました。駅ビルの回転寿司の店内は、約半分が外人観光客でビックリです。物珍しそうに寿司をつまんでいましたが、ドリンクは冷水です。緑茶と海苔のハーモニーに感動するには、まだまだ修行が足りないな・・・[わーい(嬉しい顔)]

しかし、そんな世間の神事とは無関係に、Mr.ポートフォリオは今日も走る。京都駅から二条城を往復しました(汗)。堀川通りは歩道が広くて走り易い!という大発見もありました。

写真は西本願寺。平成24年に迎える親鸞聖人の750回忌をアピールするためのスローガンが掲げられていました。それは「世のなか 安穏あれ」。安らぎと穏やかさを心の中に持てる人は幸せですね[手(チョキ)] しかも、心の中の状態は自分で作ることができます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都で龍馬と話してきちゃった [旅]

20090822062257.jpg毎月訪れていた京都講座も今日が最終日。今朝は坂本龍馬の墓がある霊山神社まで走ってきました。そこで龍馬の墓に語りかけてみたんです。

P:亡くなって140年も経つけど、今の世界をどう見ているの?

龍:世界の人々が仲良くなって、素晴らしい時代じゃきに[わーい(嬉しい顔)]

P:まだあちこちで戦争はやっているけど・・・

龍:あの頃は、そんな外国のことも知らんかった。人々の争いはずい分減ったよ。上から見てると全体像がよく分かる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カナダのハリファックスはとても綺麗な町です [旅]

8月27日、東京から24時間以上かかって深夜のハリファックスに到着しました。途中でナイフを没収され、乗り継ぎでは3時間もトロントで足止めを食い、やっとの思いでたどりつきました。ヘトヘト[がく~(落胆した顔)]言葉も習慣も考え方も異なる環境は人間にすっごいストレスを与えるもんですね。

P8290020.jpg次の日は船の受け渡しと計測。日本団キャプテンのリゲインさんのおかげでスムーズにクリア。そして疲れた身体にムチ打って海に出ました。レースの行われるセント・マーガレット湾は低い丘に囲まれた海で、回りの陸には瀟洒なペンションや別荘が立ち並んでいました。そして、海上には青い目のセイラーが必死に帆走しています。そんなに自信をもって臨んだわけではないものの、彼らの体格を見るといささかブルーになります。筋骨隆々として大きな身体は風の強いレースでは、ましてシングルハンドでは大きなアドバンテージとなります。不安を感じつつ、北京五輪代表の飯島君のコーチを受けながら、最後の調整をしました。

夜は日本選手団の会食で憂さを晴らします。シーサイドのWarehouseというシーフードレストランで巨大なロブスターを皆さん9名でいただきました。重さ8パウンド、体長50cmほどの大物で、自分はハサミの部分の肉を食べましたが、おいしかったあ[わーい(嬉しい顔)]。ビールもワインもたくさん飲んじゃいました。明後日から12レース、覇気だけは失わないで完走したいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世界の海から 「コンニチワ!」 [旅]

P9020072.jpgハリファックスでのワールドマスターズ3日目にレセプションが行われました。と聞くと、ホテルの宴会場でジャッケトをはおり華やかにワインを飲む、みたいな映像をイメージしていましたが、まったくラフなパーテイでした。屋外の芝生の上でパック入りのパスタとポテトをいただきます。

左の写真はガイジンさんたちと記念撮影。レースが終わればノーサイドということで、みんな明るく談笑します。中央(私の右側)のスカートをはいた男の子(顔が小さい!)がバイバーという民族楽器で楽しませてくれました。スゴイ迫力のある音がでます。この写真からも私がいかに細いかお分かりいただけると思います。

レースがあるときは、陸の上での争いがあります。それは・・・

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カナダ遠征のおまけ、ノヴァスコシアからプリンス・エドワード島へ [旅]

P9060124.jpg2009マスターズワールドの締めくくりはクロージングパーテイ。相変わらずラフなワンプレートの食事と上位入賞者の表彰が行われた後は、バンドの演奏に合わせて青い目のセイラーたちが踊りだす。このノリは6年前のナッシュビルのCPMカンファレンスで体験済みだが、どうも日本人は腰が引ける。この日もシャイなMr.ポートフォリオは早々に会場を後にしてしまった。

明日から2日間、自由な旅行ができる時間が残っている。下関のMさんとレンタカーを借りて、ノヴァスコシアからプリンス・エドワード島(PEIと略されている)までドライブをすることになりました。予約無用の行き当たりばったりの旅を楽しむつもり、さてどんな珍道中になることやら、詳しくは・・・続きを読んでください。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

岩屋の洞窟探索、江ノ島巡り [旅]

20091122103837.jpg今週はレーサーじゃなくてコミッティ。レーザー・ラジアル級の全日本選手権で運営を手伝います。朝四時に起きて、電車を乗り継いで江ノ島に向かいましたが、今日はオカ(陸)当番なので、選手が海に出た後はけっこうヒマなんです。悪友のデンティストT上さんと江ノ島巡りの小さな旅に出ました。江ノ島にはヨットのために何十回も来ているはずなのに、島を観光したことがありませんでした。江ノ島観光といえば岩屋の洞窟ですね。長い階段を上り下りして海側の岩だなにたどりつきます。

T上さんに500円を借りて洞窟に入りました。何百年もかけてできた海水の侵食による洞窟です。中には、弘法大師像や与謝野晶子の歌碑「沖つ風 吹けばまたたく 蝋の灯に 志ずく散るなり 江ノ島の洞」などが展示されています。低い横穴とワイルドな岩の感触に、Mr.ポートフォリオは北朝鮮が38度線に掘った侵攻用のトンネルを思い出してしまいました。そんな感傷に冷や水を浴びせたのが、第2岩屋の突き当たりにあったこのクリスマス・


Kunihiro Kitagawa

バナーを作成
メッセージを送る
にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。