So-net無料ブログ作成
検索選択

バフェットからのメッセージ [マネー]

プレジデントの新年号にウォーレンバフェットの寄稿が載っていました。バフェットは僕も大好きな世界一の個人投資家です。自分の出資しているグループ企業の関係で竣工式に出席するために日本に来ました。初来日です。

彼の言葉をかんたんにお伝えします。残念ながら、欧州の危機に関してはバフェットは楽観的ではありません。「誰が経済の舵取りなのかがわかりません」と問題解決には懐疑的です。

しかし、日本とアメリカの経済に関しては力強い言葉を残してくれました。

「日本の皆さんの孫の世代が、みなさんよりも豊かな暮らしをしていることは私が保証します」

「アメリカの経済の見通しについてはとても明るい見通しを持っています。とりわけ、鉄道や電気などの公共事業に関わることに魅力を感じているのは事実です」

長期で考えれば、必ず世界はより良くなっていく!僕も同じ信念で進んでいきます。

杉原輝雄さんの死を悼んで [加圧トレーニング]

sugihara.jpgプロゴルファーの杉原輝雄さんが亡くなりました。68歳でレギュラーツアーに予選を通過したのは世界最年長記録でしたし、「生涯現役」を公言して70歳を過ぎても昨年まで公式戦に出場を続けていました。まさにゴルフ界のドンでした。享年74歳。

杉原さんは、日本でもいち早く加圧トレーニングを実践してきたパイオニアです。まだ加圧が無名だったころから、週一回のトレーニングのためにわざわざ大阪から東京府中へ通っておられたと聞いています。そして60歳で前立腺ガンをわずらいながらも、手術を拒否して、さまざまな体質改善を自分で取り組みながら、現役のアスリートを続けてきた本当の鉄人です。

写真は帝国ホテルのパーティーで加圧の佐藤義昭先生とのツーショットです。たゆむことのない自己鍛錬の日々、お疲れ様でした。どうか、安らかにお眠りください。

陸前高田の奇跡の松から学ぶこと [コーチ]

rikuzentakada.jpg陸前高田で大津波にも流されなかった奇跡の一本松を生き長らえさせるために、多くの人が努力をしたというニュースを聞きました。家族が死に、家と仕事を失い、生きていくことすら大変なときに、”たかが”松の命を守ろうとする人の情熱っていったい何なんだろう?

奇跡の一本松の延命は困難となった今では、この松の枝を接ぎ木として育て、その子孫たちでまた松林を復活させようとしているそうです(一本松プロジェクト)。人の思いが時代を超えて何百年も先の人たちに伝わるダイナミックな営み。本当に人間ってすごいなあ。

被災した動物園では、動物に与えるエサが全国から贈られているそうです。人の命だけでなく、松や動物にまで愛情をそそげる人間の力に感動した2011年でした。

ドイツでも年金受給は楽じゃない [コーチ]

社会福祉が充実していると思われがちなドイツでも、年金生活は楽じゃありません。ミニジョブが年金受給者の生活をなんとか成り立たせているそうです。しかし、ドイツの定年はすでに65から67歳へ延長されようとしています。日本ではまだほとんどが60歳定年。長い老後をいかに暮らすか?きちんとした戦略が必要な時代に私たちは生きています。

残念な人のお金の習慣 [マネー]

著者の山崎さんは、投資なんかするもんじゃないと説いています。自分の赤裸裸な失敗体験をつづっているので好感が持てます。
中でも、投資を必要な条件をこう書いています。
1、毎月分配型の投資信託がなぜ損なのかを説明できる
2、未曾有の事態が起きた時こそ資金を投入できる
3、投資に関するメディアの情報をあてにしない
4、これからの世界経済は上向くと信じている

実は、この4条件こそ、私がすすめている「信念ある投資家」なのです。山崎さんほどの有能が方もサジを投げた投資という難物ですが、この4つをクリアできれば、だれでも快適に投資に取り組めるようになるのです。投資に否定的な趣旨で書かれていますが、僕のように逆に勇気を与えられる投資家もわずかですが、いるはずです。視点を変えれば、不可能は可能になる、というお手本のようなお話じゃないかな。

金融市場を開こうとする中国の変化 [マネー]

中国元 - 写真素材
(c) DESTAK写真素材 PIXTA
北朝鮮報道にまぎれて目立ちませんでしたが、日本政府が初めて人民元建て中国国債を買うことが決まりました。日本はアメリカ国債ばかり買っていましたから、国家資産としての通貨の多様化に貢献しますが、中国にとっては人民元の国際化をアピールすることにつながります。

ちょうど前日のフィナンシャルタイムズには、中国証券監視委員会が中国元建ての中国株を外国人投資家に開放する方針が乗っていました。今までの中国政府といえば、すべて内向き、防衛的な金融政策で、国際協調に水を差してきましたが、風向きが変わってきたようです。

背景には、中国不動産市場の冷え込み、そして外国資本が中国から流出し始めていることなどがあります。人民元と証券取引所を世界に開放してでも、自国の経済を発展させようとしています。戦略的ですね。中国のバブル崩壊を懸念する声もありますが、中国政府はしっかり経済をコントロールしているようにも見えます。実にクレバーな経済運営をしています。彼らは本当はとても優秀な官僚たちなのですから。

みんな逞しくなったなぁ [コーチ]

iphone/image-20111218161518.png兼松江商昭和55年入社組GoGo会の忘年会新卒で入社した総合商社はその後の荒波にほんろうされて今や銀行系列の専門商社になってしまった。おかげで、同期30人の四分の三くらいが退社して、今では別々の道を歩いています。僕は退社第一号で親父の会社に行ったのですが、もう10社近くを渡り歩いたツワモノもいます。同期にコーチングされて、不足のない環境から敢えて飛び出した挑戦者もいます。

みんなそれなりの挫折の悲哀を乗り越えて成長してきました。そして、自分の力を信じています。どんな業界に行ったとしても、どんな景気でも食っていくくらい問題ないぜ!と胸を張って頑張ってきました。終身雇用が当然だった大卒の頃には思いもよらぬ逞しさです。未来に怯えるな、自分で道を切り拓け、そうオジサンたちは吠えていました。

エネカ体験パート3 [健康]

iphone/image-20111212180129.png去年の夏に出会った量子医療による治療術をさらに極めるために太宰府を訪れました。白橋教授のエネカ中央研究所にお客様をお連れして、治療、そして自分も体験。二日連続で学び癒されました。白橋教授、本当にありがとうございました。

今回のお客様は頸椎の疼痛に悩まされている方でしたが、この研究所にはガンや白血病など病院ではもう治らないレベルの患者さんが白橋教授に救いを求めて全国からやってきます。

治療は、まず入浴から


続きを読む


470三人衆ナイト@博多 [旅]

iphone/image-20111211232807.png1978年森戸海岸で伝説の470最強?軍団が博多で集結しました。博多のS島さんと熊本のI上さん。

酔ってくると、32年前にあそこでケンカをしたワケとか、あそこで無視したワケとか、いろんな真実が暴露されてきました。それでも、今の厳しい経済環境に葛藤していない人はおらず、どうやって今を克服しようかという点でも意気投合した三人。これから九州に来る機会が増えそうです。

意外と温かな天神の夜でした。

続きを読む


陸前高田からの昆布 [コーチ]

iphone/image-20111205072741.png三男が陸前高田から昆布を持ち帰ってきました。土日で津軽三味線のボランティア演奏で陸前高田に行っていたのです。公民館と民宿で3回のミニライブをやらせてもらいました。その際に、演奏を聴いた地元の人がわざわざいったん家に取りに戻ってからこの昆布を息子に贈ってくれたそうです。この人の温かい気持ちを感じると胸が熱くなります。

くるんできた新聞には・・・

続きを読む


Kunihiro Kitagawa

バナーを作成
メッセージを送る
にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。