So-net無料ブログ作成
検索選択

政府も中国に投資する時代 [マネー]

日本政府が初めて中国国債を買うことが決まったというニュースです。ここから、二つの事実が浮き上がってきます。まず、日本の財政にそんな余裕があるということ。最近あちこちで聞く「日本破たん論」はあまりに感情的です。破たんするほどお金がない国が、わざわざ外国投資するはずがありません。実は日本は世界最大の債権国です。500兆円を超えるお金を海外に貸し付けたり、投資をしているのです。情緒的なガセネタに流されず、自分の国の強みを覚えておきましょう。第2に、中国もしっかりしているということ。これも日本ならでは感情的な憶測ですが、中国がバブル崩壊で破たんするなどと言いふらす人がいますが、中国政府は意外と懸命で上手に経済をコントロールしています。日本の失敗を学び、優秀な官僚が計画的な経済成長を実現しているのです。今では押しも押されもせぬ米国に次ぐ世界第二の国家となりました。私たちも冷静に巨大な隣国を見つめるべきです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

Kunihiro Kitagawa

バナーを作成
メッセージを送る
にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。