So-net無料ブログ作成

孫は祖父より1億円損をする [マネー]

また貴重な本に出会いました。今度は、面白いというよりもかなり衝撃的です。

以下、本書の要約です。60歳以上の方は心を静めて読んでください。

*今の日本は、「孫の名義のクレジットカード」をきりまくっている状況であり、ツケの返済を将来世代に押しつけ、若者や子どもをだまして、明るい未来を奪い取る「ワシワシ詐欺」のようなものです。

*高齢化した国の財政民主主義の欠陥は「財政的幼児虐待体質」と呼ばれていますが、そのもっともひどい国がニッポンです

*2005年の「経済財政白書」によれば、年金や医療など公的部門に通じた受益と負担の関係は、60歳以上世代は約6500万円の受け取り超過となっていますが、20歳未満では約5200万円の負担超となっているのです。

・世界最高水準の公的年金を受け取っている日本の老人たちの豊かな暮らしは、将来世代の勤労所得を質に入れて、成り立っている。

 ・日本の公的債務は700~800兆円といわれるが、目に見えない債務を加えると約2,500兆円となる。目に見えない債務とは、老人たちを支える社会福祉費だ。

 ・私たちは、将来世代頼みの借金まみれの日常を送っているが、55歳までの人は受益超過、つまりもらい得をしている。20~30歳世代は残りの生涯の負担超過幅は2,350万円から2,500万円に及ぶ負担超過となっている。

 ・0歳児はいま生まれたばかりであるにもかかわらず、すでに現在の価値に直して1,524万円程度の生涯順負担を背負わされている。まだ生まれていない将来世代に至っては1億2000万円の負担。

 ・将来世代の負担を新生児世代と同じにとどめるためには、すべての税・社会保険料等の負担をいまより80%増やさなければなりません。これは想像するも恐ろしいひどい世界です。

 ・それでも、日本は変わらないでしょう。なぜなら、いま行われているのは「老人の、老人による、老人のための政治」だからです。

ふう~、 この本に書いてあることが本当なら、30年後の日本は世代間抗争が起きているだろう。政府を頼るばかりでなくて、自分たちの子孫の未来に貢献する生き方をしなければ!と痛感した次第です。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

ジャッキーです

刺激的な内容ですね。
私がきいている、負債額は710万でしたが倍増してますね

ACNをやる理由がここにもありますね~
ACNは救済事業といわれる訳が納得です

みんな、話せるようにとの指示のもと
新規説明会で話す内容も、なぜ、今ACNなのかと

世の中の状況を伝えて方がいいね、という話がありましたが

この本はそういった視点からも読むべきですね
さすが、北川さん
by ジャッキーです (2011-02-04 19:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

Kunihiro Kitagawa

バナーを作成
メッセージを送る
にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。